適職サポートナビのトップページ

知識習得

自分自身が担当している仕事や、所属している仕事内容に精通していて、仕事が出来るというのは、基本的に必要なことになります。転職をもしも今後考えるにしても、現在の仕事が分かるようになるくらい、例えば三年以上はひとまず経験を積むことをお勧めしたいと思います。もしも違う分野の仕事に今後進むことになっても、一つの職場で頑張った経験というのは無駄にはならないと思います。逆に、あまりに短い期間で転職してしまうと、忍耐が足りないのではということを転職の面接時に面接官がそういうイメージを抱く可能性もありますので、慎重になることが求められます。会社での知識習得はさることながら、普段の政治経済のニュース等、一般常識としての情報にも、感心を持つと尚良いと思います。経済は循環している為、他の分野の話であっても、自分の仕事に少なからず影響を与えている場合もあると言えます。1日の内の少しの時間で良いので、習慣として社会情勢をチェックすると良いでしょう。

受付に興味があるなら
受付という仕事 - 受付情報サイト

 

ページの先頭へ