適職サポートナビのトップページ

ライフスタイル

自分や家族のライフスタイルから、適職を考えてみることも大切ではないでしょうか。お給料や勤務形態も重要な要素の一つだと思いますが、あなたが好きで守っていきたいライフスタイルこそ、色々なことの基盤になると思います。つい最近、私の友人が勤めていたエステの会社を辞めて、個人経営のエステサロンを始めました。彼女曰く、お子さんが現在2歳ですが、エステの仕事もしていきたいけど、今の会社では時間的に厳しいものがあるから独立し、完全予約制で仕事を受けることによって、子供との時間も大切にしたいということでした。会社勤めを思い切って辞めたことの思い切りの良さに若干驚きましたが、迷いが全く無く、よくよく自分がどうしたいかを考えていたのだろうと推測出来ました。仕事をしなくては生活出来ないとしても、プライベートも仕事も充実してこそきっと人生は楽しいのでは無いでしょうか。自分がこうしたい、こう暮らしていきたいというライフスタイルに今の仕事がマッチしているのか、改めて見つめていただければと思います。

女性のお仕事について
女性が憧れるお仕事

今、私が働くにあたって気をつけていることは無理をしないことです。一番最初に勤めていた会社では仕事が面白くて仕方が無く、職場が繁盛していたこともあり、ほとんどお休みを取らずに働いていたら、無理がたたったのか、突然肺炎で入院することになりました。しかも肺炎を2年の内に4回も発症したのです。ベッドの上で今まで自分は自分の身体に相当無理を強いてきたんだなと感じました。仕事が頑張れるのも、健康あってこそ、無理せず、プライベートやライフスタイルも維持しながら頑張らなくてはと思ったものです。あなたにとっての適職とは何か、無理なく、楽しく、挑戦していける仕事、どうか出会えますように。

京都のドラッグストアで薬剤師として働くために
求人情報の「薬剤師エリアナビ」

サービスの詳細情報がサービス業を考えようでわかる!

 

ページの先頭へ