適職サポートナビのトップページ

勤務形態

勤務形態とは、会社とあなたとの働き方の約束のことです。沢山の形態があり、代表的なものには正社員等があります。どれが絶対に良いということではありませんが、あなたのライフスタイルにあった勤務形態は何か、考えておくのも良いと思います。いくつかの勤務形態をご紹介しておきましょう。最初は、正社員についてです。正規職員と言われる場合もあります。通常雇用期間は、会社が定年退職として定めた雇用年齢まで働けるというのが一般的です。しかし、以前にあった年功序列や終身雇用といった正社員ならではの制度はほとんど無くなりつつあるようで、正社員であろうともリストラ等の職を失うリスクはあるということを忘れてはならないでしょう。大企業の大規模なリストラ等がテレビで取りざたされたりするのを見たことある方も多いのではないでしょうか。それでも、やはり他の雇用形態よりも安定や信用があるという社会的な考えから、正社員は最も人気のある勤務形態であることに間違いないと言えるでしょう。住宅ローン等の審査、借り入れの場合にも、勤務形態は重要視されることもあるようで、正社員の場合は信用度が高いとされているようです。

経理のお仕事情報に詳しいのはここ
経理の仕事

続いて、契約社員についてです。契約社員も会社とあなたとの直接の雇用契約であることが多く、働く期間を定めてその期間、働くことになります。雇用契約期間は様々で、1ヶ月、半年、1年等、会社との契約次第となります。その為契約社員は、期間社員と呼ばれたりすることもあります。契約期間終了後は、基本的に会社側に継続するかどうかの判断権限があることが多い為、今後もずっと継続して働いていけるのか、安定した企業であっても、約束されていないのが不安材料とも言えるのでは無いでしょうか。また、契約社員と似た形態でパートタイマーというものがあります。同じように会社とあなたとの直接の雇用契約ですが、働く時間が短時間であったり固定されていたりという事が多く、時間を指定あるいは限定して働くというところに特徴があると言えるでしょう。

派遣社員という働き方もあります。これは、あなたが派遣会社に登録をして、その会社が契約企業へあなたを派遣をするということです。その為、お給料は派遣会社から支給されることになります。もしも派遣先の企業で仕事が継続出来なくなった場合でも、派遣会社から別の仕事を斡旋してもらうことも可能な点が便利だと言えるでしょう。

アパレルについて詳しいのはアパレル短期アルバイト
バイトの始め方ページはこちら

その他、自営業や個人事業主として自分自身の力で、稼いでいくという選択肢もあります。会社に縛られず、やりたいことを自分の裁量でやれるという魅力的な部分がある一方で、自分の責任の下に何でも行わなくてはならないという厳しい面もあります。

エステティシャン情報のエステティシャンの仕事
http://www.hazelrvpark.com/

 

ページの先頭へ